スポーツ指導者が学びあえる場

リレーインタビュー第30回 三枝大地さん(前編)

「コーチ道リレーインタビュー」では、指導者の先達である方々、指導者として現在ご活躍の方々のインタビューをリレー形式でご紹介しています。今回は、JOCバレーボール専任コーチングディレクター 三枝大地さんにお話を伺いました。

バレーボール選手として練習に勤しんだものの、試合に勝てなかった中学、高校時代。それでも人一倍の熱意で東海大学バレーボール部への入部を許され、4年生の時にはマネージャーを務めました。その後、青年海外協力隊のサポートとしてアフリカのニジェール、隊員としてチリのアウストラル大学でバレーボールを指導するという貴重な経験を経て、U-20、U-23女子日本代表チームのコーチ、U18女子日本代表チーム監督を務めてきました。

海外での経験やコートの中では得られなかった気づきに真摯に向き合い、貪欲に学び、伝え続ける三枝さんのお話を前・中・後編の3回にわたってご紹介します。

(2021年6月 インタビュアー:松場俊夫)

▷ 三枝さんは常に学んでいらっしゃいますが、新しい情報をどのようにアップデートして学びに生かしているのかお聞かせください。

バレーボールだけやっているのでは、競技としても人としても高まらないと強く実感しています。社会の中のバレーボールなのであれば、社会を知っている方がバレーボールで生かせることが多いですし、圧倒的に選手たちの伸び率もアップし、発想も広がります。そのためにも私自身が常に学び、体感できていないと、選手たちに学ぶことを伝えようとしても説得力がありません。

ですので、まずは広い分野の情報を得ることができるよう、セミナーや読書、メーリングリストなど様々なものから学びを得ています。その中でも、メーリングリストは、自分だったら探さないような情報も届き、ハッとさせられることがあるので、常にアンテナを張り、得たものを生かすようにしています。

また、様々な業種の方が集まる場に参加したり、面白いなと思った方にはこちらから連絡させていただき、面識のない方は知人に繋いでもらったりして、人脈を広げることも心がけています。

▷ 最近、スポーツとは関係はないがとても役に立ったというトピックスはありますか?

チームマネジメントは組織マネジメントだと考えていますので、私はスポーツ関係者よりも、経営者の方にお会いする機会の方が多いです。おもしろいなと思うのは、例えばトップランナーの方が「営業で日本一になった。でも一人ではできるけどチームでは全然できない。どうすればいいか教えてくれないか」とおっしゃるのです。トップになっても教えを乞えるというのはとても大事なことですよね。

また、適材適所の大切さも知りました。どのスペシャリストをどこに置くかで経営がうまくいくかどうかが決まると。こうした様々なことで学びをいただきながら、初心を思い出させてもらっています。結局、トップの人ほど学んでいるのです。経験を踏まえてどうするか自問自答を繰り返す。現状にとどまるのではなく、つねに結果をスタートラインにしているのですね。

▷ これまで、指導スタイルがガラッと変わるような経験はありましたか?

それは常時ですよ。常に情報をいただきながら、人と触れ合いながら、トライアルアンドエラーを続けています。

先日とても腑に落ちたのは、ノミの話でしょうか。1メートル飛べるノミを40センチぐらいの入れ物に入れるとそれしか飛べなくなるのだそうです。蓋をとっても40センチぐらいしか飛べない。ここまでは知っていましたが、そのノミがまた1メートル飛べるようになるにはどうするか。横に1メートル飛べるノミを置く。それだけでいいのだそうです。

人の世の中も同じだと思います。夢を語れない大人や実現しようと行動しない大人、何にでも否定的な大人といると、子どもたちはそこが自分の居場所で限界だと思ってしまい、夢や目標を実現することは難しくなります。世の中を変えている人は1メートル、いやもっと飛んでいるかもしれません。子どもたちがそういう人達と触れ合って、それが当たり前だというスタンスになれば、子どもたちもどんどん変わっていくでしょうし、そこが自分の居場所だと思い、何事にも挑戦し、実現していくようになるでしょう。ある意味刷り込みなのかもしれませんが、そんな状況を作ることこそが一番大事なのではないでしょうか。

だからこそ、バレーボールを始める時には地元の中だけにいるのではなく、トップ選手の、世界レベルの試合を見た方がいいと思うのです。これがバレーボールなんだ!こうやるにはどうしたらいいのだろう、ここにいくにはどうすればいいんだろうと自分の向かう先(目的地)が見えて来ます。そうした経験がないままスタートするのと、これが目的地だというものがあるのとでは、成長スピードが全く違ってくると再認識しているところです。

▷ 6月の全米女子オープンゴルフで笹生優花選手が優勝しましたが、彼女も幼い頃にトップ選手を見てあんな選手になりたいと思ったそうですね。

目指すべきイメージがあったのでしょう。基準がないと、何を目指せばいいかわからなくなります。ですから、オリンピアンと練習ができる競技がとてもうらやましいです。胸を借りること。それは小学生にとっての中学生でもいいと思うのです。カテゴリーを超えてもいい。年齢は関係ありませんからね。

 しかし、周りの大人が子どもの可能性を勝手に決めて、夢を抑えてしまっていることがあると感じています。残念ながら指導者はそのことになかなか気づかない。

例えば、こちらが意図して伝えたいことと、こちらが意図せずに伝わってしまっていること、選手にはどちらも同じように伝わります。バレーボールの試合でスコアは20対15。こちらは15点。タイムアウトを取る。そんな時にこちらとしては直ぐに解決策を出さずに「いまどういう状況なのか?」「今何が必要か?」と問いかけたりするわけですが、指導者によっては「これがこうでこうで…」とわーっと言ってしまう。時にはそれも大切かもしれませんが、その場合、言葉として伝わっている内容と同時に、選手たちには「監督がこれだけ熱を上げて言っているということは、監督も焦っているんだな」とか「これは状況として危ういんだな」というようなことも自然と伝わるわけです。伝えたくなくても伝わってしまう。そういったことも含めて伝えるということなのだということを理解しておくことがとても重要だと思います。伝わってほしくないものも、実は自分が伝えてしまっているということが大いにあると感じています。

▷ いわゆるメタ認知、自分を客観的に把握しておくことがリーダーにとって非常に大事ということですね。

そのメタ認知というもの自体を選手に届けたいのです。最終的にこんなことができたらいいなと思うのは、選手にメタ認知をさせることなのだと思います。年齢が低い時からセルフコーチングができれば、その先、自分の育て方に特化していく時間が長くなるわけです。もしそれができれば、それをきっかけに未来の指導者が生まれるかもしれません。だからこそ、本当に日本を変えていく指導者を生み出すのは、実は今日の練習なのかもしれないと常に考えています。

▷ 三枝さんが指導者として目指しているものは何でしょうか。

指導者というのがそもそも何なのか、何をする人なのかを常に問いかけています。例えばバレーボールでいうと、目指すべき頂点は世界一かもしれませんが、それは人生のゴールではありませんし、競技のゴールでもないと思うのです。指導者とは何かをじっくり考えると、一つの答えは人生のマネージャー、人生のマネジメントができる人でしょうか。

でも指導者は選手に永遠に付き添うわけではありません。小学校の6年間、大学の4年間といった期間だけです。その間は選手と一緒に成長できる場がありますが、その瞬間だけが指導者の役目なのではないと思います。そこが役目だと思っていると、目の前で何かを伝えることに特化しすぎてしまいます。自分と関わらなくなった後、その選手がどう成長していくかの方が長いわけですから、誰にどこでどのように出会っても、自分で道を探し、選び、成長していけるという考え方や姿勢を持っていて欲しいのです。その上でバレーボールというものを伝えることができる。そういったことが当たり前なバレー界であり、スポーツ界であり、社会であって欲しいです。

要は、スポーツを通して、バレーボールを通して、社会を変えていく人材を輩出していきたいのです。スポーツの中だけで完結するのではなく、いかに社会貢献できるかが大事です。社会に出て「私、バレーボールで世界一になったんですよ」と言った時、相手に「それで?」と言われたら口籠るのではなく、ここまでたどり着く過程でどのような学びがあったか、だから社会でどのようなことができるのか、今後は何を学んでどのように発信していきたいのかを堂々と語れる選手たちを育てていきたいと思います。

同時に、そうしたことが当たり前に受け入れられる社会であって欲しいです。スポーツ選手が政治を語るなというような声がありますが、彼らはスポーツ選手である前に一人の人間なのです。どちらが先かと言ったらそちらが先のはずなのに、一部にあなたたちはスポーツをやっていればいいというような考え方があります。時間はかかるかもしれませんが、それを変えていきたいという気持ちが非常に強いです。

▷ 三枝さんは競技の垣根だけでなく、社会における境界線をなくしていきたいという思いが強いのですね。

そうですね。青年海外協力隊で海外に行った時思ったのですが、地方だったので日本人が一人しかいない。となると現地の人にとっては私こそが日本で、日本人で、日本というのはこういうものなのだと認識します。つまり日本代表なのですよ。でもそのことになかなか気づきませんでした。

そもそもどのタイミングで「国」というものが決められたのか、歴史を探ってみたりしましたが、地球に住む人間という枠組みで考えたら、誰にとっても地球こそがホームです。にもかかわらず、かつての私は飛行機を降りたらそこは国内か国外かというだけで、自分で壁を作ってしまっていたのです。

ですが、ある時から少しずつそんな気持ちが消えていきました。インターネットなどで世界中の人とやりとりすると、時差は問題になりませんし、「今度遊びに来なよ」と言えば、海外からでもやって来るわけです。自分で勝手に枠組みを決めていただけで、そんなもの実はなかったのだと思うようになりました。

元々私はビビリですし、チャレンジも怖いです。実は、遺伝子検査でも慎重家という結果が出たのですよ。私もまわりも驚きました。確かに、遺伝子的にはそうなのかもしれませんが、成長過程のどこでどのような経験をしたかによって、気質は変わっていくもののようです。ベースは慎重かもしれませんが、今はチャレンジすることに面白さを感じています。それは選手たちにも伝えています。未知のものは怖いし不安なものですが、それがなかったらワクワクしませんよね。世の中のことを全部知っていたら、何も面白くないわけです。未知の世界こそ新たな可能性であり、ワクワクの根源であるということを経験上理解してきたから、そこに可能性、面白さを見出すことができるようになったのだと思います。(中編に続く)

(文:河崎美代子)

◎三枝大地さんプロフィール

プロバレーボール指導者

JOCバレーボール専任コーチングディレクター

1980年 兵庫県出身

中学時代は市内4校中4位の補欠、0勝。

高校時代も県大会出場はなし。

東海大学ではマネージャーを経験。

その後、青年海外協力隊でチリへ。大学などでチームを指導、監督を経験。

また女子U20ならびに女子U23のコーチを歴任し、

女子U18(ユース)日本代表チームでは監督として

U17アジア選手権優勝(2014、2017、2018)、

U18世界選手権9位(2015)、5位(2017、2019)、

コルナッキアワールドカップ優勝(2019)など輝かしい成績を誇る。

現在は味の素ナショナルトレーニングセンターに勤務。