コーチ道とは

私たちの想い

人々に感動や勇気を与えるアスリートには、素晴らしい指導者との出会いが存在しています。つまり、優れたアスリートが世に出るためには、素晴らしい指導者の存在が必要なのです。
ところが、意外に思われるかもしれませんが、スポーツの指導者は思いのほか学ぶ機会が少ないのです。参考に出来ることは、自分が受けてきた指導であり、それは「閉じられた世界」での経験でしかないという現状があります。
しかし、競技や指導対象は違っても、本質的な部分では、他の競技や他の指導者から学べることは多いはずです。競技の垣根を越えて、お互いの活きた経験を共有しあうことで、指導者としての視野を広げ、自分の「軸」を見出す「場」を提供したいと考えています。
そして、そのような指導者から、スポーツの世界を越えて、社会に対して影響力を発揮していく人材が育つことを望んでいます。

 

Mission

スポーツ指導者が競技を越えて、交わり、つながり、成長することで、 自らの「軸」を見出す「場」を創る。

Vision

スポーツに関わる一人ひとりが、 自らの想いを実現することによって、 スポーツの価値が社会に根付いている。

Value

「学ぶことをやめたとき、教えることをやめなければならない」

 

団体名

特定非営利活動法人コーチ道

設立

2009年11月18日

役員

代表理事:松場俊夫
理事:島崎湖、守屋麻樹、鈴木統也
監事:若月誠

ページ上部へ戻る